研究の概略と業績一覧


    
研究概略
上代・中古・中世・近世に時代区分される古典文学のうち、上代では山部赤人、中古では伊勢物語、近世では箏曲地歌歌詞を研究対象とする。

研究活動は、通説と紹介されることもある伊勢物語三段階成立論の検討・批判からはじまった。 成立論的時間軸を不要とする結論に至ってからは、章段どうしを縦横につなぎつつ積極的に読みを仕掛けていく「相補論」=「つなぎ読み」を提唱。 一通りの通読を終えた後、つなぎ方が一通りでないことを説くための「可変論」にとり組んでいる。
単著には、専門書 『伊勢物語相補論』と、その持論を周知するための入門書『伊勢物語入門』なぞり書き本『読めて書ける伊勢物語』がある。 また、「伊勢物語対話講義」インターネット博覧会連載「伊勢物語で遊ぼう」でも、持論の周知につとめている。

伊勢物語研究において読みの多様性を認める一方、赤人歌研究では、作者の周到な計算にもとづく表現方法の解明に力を注ぐ。 そして、現状打開をめざす立場から、先行研究の是非を明確化する批判力と、新地平を拓き得る発想力の必要性を説く。
単著専門書『万葉赤人歌の表現方法』もある。

偶然連載することになった箏曲地歌歌詞の解説は、ポピュラーな50曲を収録する
単著注釈書『箏曲地歌五十選』となって結実した。 演奏家から依頼されて啓蒙活動を行なうこともある。
研究業績一覧は「愛知教育大学研究者総覧」「ReaD&Researchmap」にもあり、下記論文本文はリポジトリで無料公開していることもあります。
発表年月 著書・論文・解説等研究業績一覧 全て単独執筆 書名・雑誌名 発行機関
昭和63年6月 「雅平本業平集の編纂態度
−その詞書の生成過程と典拠資料についての考察−」

慶大リポジトリ
「三田国文」9号 三田国文の会
平成1年5月 「狩使本伊勢物語の二部的構造
−現存業平集と伊勢物語の関係についての考察−」
「中古文学」43号 中古文学会
平成2年1月 「伊勢物語歌の『業平歌らしさ』
−新古今集・新勅撰集の採歌態度についての考察−」
「解釈」36巻1号 解釈学会
平成2年2月 「在中将集と雅平本業平集の関係について」 「文学・語学」124号 全国大学
国語国文学会
平成2年12月 「狩使本伊勢物語について
−その断片資料に見る新しさ−」
「中古文学」46号 中古文学会
平成4年6月 「伊勢物語八七段の解釈」 「解釈」38巻6号 解釈学会
平成4年6月 「『伊勢物語』23段第二・三部の解釈」 「文学研究」75号 日本文学研究会
平成5年3月 「伊勢物語の地の文における対人物ソ/コ系指示語の使い分け」
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」51集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成7年3月 「伊勢物語の相補的解釈
−一章段内の部分単位での考察−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」53集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成7年5月 「伊勢物語の相補的解釈
−その序説としての試論−」
『伊勢物語 諸相と新見』
図書情報
風間書房
平成8年3月 「慶大蔵『伊勢物語繪詞』について
−新出狩使本資料の紹介と検討−」
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」54集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成9年2月 「『色好み』関係章段」 『歌語り・歌物語事典』
図書情報
勉誠社
平成9年6月 「伊勢物語の〈モラル〉
−美的規範あるいは補償行為としてのミヤビ−」
「日本文学」46巻6号 日本文学協会
平成10年3月 「伊勢物語におけるソ/コ系指示語の使い分け(続)」
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」56集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成11年3月 「イロゴノミとして成長する昔男
−伊勢物語二一〜三七段に見る積層構造−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」57集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成11年3月 「〈連帯〉に安息する昔男
−伊勢物語三八〜四八段に見る〈孤高〉からの脱却−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」7号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成11年9月 「成立論から相補論へ
−新世紀の伊勢物語研究−」
『論叢伊勢物1 本文と表現』
図書情報
新典社
平成11年10月 「原体験へと回帰する昔男
−伊勢物語一〜二○段に見る〈心〉と〈かたち〉の二元論−」
『講座 平安文学論究 第十四輯』
図書情報
風間書房
平成12年3月 「復活する昔男
−伊勢物語四九段〜七六段に見る二度の再生−」
愛教大リポジトリ
「愛知教育大学研究報告
人文・社会科学編」49輯
愛知教育大学
平成13年3月 「〈老い〉を受け入れる昔男
−伊勢物語七七〜九五段に見る現実との折り合い−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学研究報告
人文・社会科学編」50輯
愛知教育大学
平成13年3月 「すさみゆく昔男
−伊勢物語九六〜一一四段に見る自暴自棄的荒廃−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」59集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成13年11月
〜12月
「伊勢物語で遊ぼう」(全16回) インターネット博覧会
「デジタル王朝文学館」
講談社
平成14年3月 「必然的な死を迎える昔男
−伊勢物語一一五〜一二五段に見る妥協・諦観・終焉−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」60集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成14年3月 書評 菊地靖彦著『伊勢物語・大和物語論攷』 「日本文学」51巻3号 日本文学協会
平成15年9月
〜19年5月
「箏曲・地歌を解読しよう 歌詞解読講座」(歌詞解説40回+番外5回)
ReaD&Researchmap
「邦楽ジャーナル」vol.200-244 邦楽ジャーナル
平成15年9月 『伊勢物語相補論』
詳細
単著図書情報
上記諸論文を補訂した専門書
おうふう
平成16年6月 『伊勢物語入門 ミヤビとイロゴノミの昔男一代記』
詳細
単著図書情報
(上記専門書の入門書
鼎書房
平成17年3月 「旧稿の訂正と補足
−伊勢物語における業平集所載歌章段の位置関係を中心に−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」13号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成17年3月 「赤人三七八番歌の表現方法
−故太政大臣藤原家の山池を詠む歌をめぐって−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」63集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成18年3月 「赤人三七八番追考
−故太政大臣藤原家の山池を詠む歌は讃美の歌か−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」64集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成18年3月 「赤人九四二−九四五番歌の構成美
−辛荷島歌に見る〈三連転換〉〈中央特立〉とその〈相似反復−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」14号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成18年9月 「伊勢物語 筒井筒/布引の滝」 『日本古典への誘い100選 T』
図書情報
東京書籍
平成19年1月 「オペラ《井筒の女》のストーリー解説あるいは『伊勢物語』との隔たり」
関連記事
「東京室内歌劇場38期第114回
定期公演プログラム」
東京室内歌劇場
平成19年3月 「赤人三一七−三一八番歌の表現方法
−富士讃歌に見る長−反歌の補完的関係−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」15号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成19年3月 「赤人九二三一九二五番歌の表現方法
−吉野讃歌第一歌群に見る三重の〈絞り込み〉−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」65集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成20年3月 『読めて書ける伊勢物語 四十五首の恋心』
詳細
単著図書情報
(入門書も兼ねたなぞり書き本
日本習字普及協会
平成20年3月 「赤人一四二四−一四二七番歌の表現方法
−春歌四首の語の配置・型の微調整・積層構造に見る工夫−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」66集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成21年1月 『箏曲地歌五十選 歌詞解説と訳』
詳細
単著図書情報
補訂した連載40曲と
書下ろし10曲の
注釈書
邦楽ジャーナル
平成21年3月 「赤人四三一−四三三番歌の表現方法
−聞く歌としての真間娘子歌に見るエンターテイメント性−」

愛教大リポジトリ
「国語国文学報」67集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成21年3月 「赤人三七二−三七三番歌の表現方法
−春日野作歌に見る長歌の〈絞り込み=焦点化〉とその〈補足〉としての反歌−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」17号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成22年3月 『万葉赤人歌の表現方法 批判力と発想力で拓く国文学』
詳細
単著図書情報
(上記諸論文を補訂した
専門書
鼎書房
平成25年3月 「地歌『長等の春』歌詞の表現世界
−詞と曲の同調あるいは文学と音楽の融合−」

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」21号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成25年3月 「地歌『こんかい』歌詞の表現世界
−古浄瑠璃『信太妻』をおおもとの典拠と考えた場合の試訳と解説−」
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」71集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成25年5月 「『地歌動画講義』へのいざない」
「邦楽ジャーナル」vol.316 邦楽ジャーナル
平成25年6月 山部赤人九四五番歌『都太の細江』考
−『万葉集』の表現を中古の表現から見ることの可能性−」

慶大リポジトリ
「三田国文」57号 三田国文の会
平成26年3月 「地歌『新浮舟』歌詞の表現世界
−詞と曲の同調あるいは文学と音楽の融合−」
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」72集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成26年3月

「陰影をおぼめかす表現方法
−『伊勢物語』を統一体として読むことの可能性−」
愛教大リポジトリ

「愛知教育大学大学院
国語研究」22号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成26年12月 「地歌『越後獅子』歌詞の表現世界
−『お国名物』の選出とそれにかかわる問題−」
「日本歌謡研究」54号 日本歌謡学会
平成27年3月 「上代におけるイニシヘ/ムカシの使い分け
イニシヘ断絶/ムカシ連続説の妥当性および『伊勢物語』への流れ
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」73集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成27年3月 「婉曲的表現方法とその遵守
『伊勢物語』を統一体として読むことの必要性

愛教大リポジトリ
「愛知教育大学大学院
国語研究」23号
愛知教育大学大学院
国語教育専攻
平成28年3月 「上代におけるイニシヘ/ムカシの使い分け (続)
『常陸国風土記』にイニシヘ断絶/ムカシ連続説を適用することの妥当性
愛教大リポジトリ
「愛知教育大学研究報告
人文・社会科学編」65輯
愛知教育大学
平成28年3月 「上代におけるイニシヘ/ムカシの使い分け (続々)
『日本書紀』にイニシヘ断絶/ムカシ連続説を適用することの妥当性
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」74集 愛知教育大学
国語国文学研究室
平成28年12月 「箏曲地歌歌詞の表現世界−典拠との関係性の問題−」 「日本歌謡研究」56号 日本歌謡学会
平成29年3月 『伊勢物語』を統一体と見て一二三段を中心につなぎ読む
−成立論的読みでなく相補論的読みを適用することの妥当性−
「朱」60号 伏見稲荷大社
平成29年3月 「イニシヘ断絶/ムカシ連続説でわかること
−『日本書紀』『万葉集』『常陸国風土記』『伊勢物語』を例にして−」
愛教大リポジトリ
「国語国文学報」75集 愛知教育大学
国語国文学研究室



田口研トップに戻る

★記事の無断転用は禁じます。