はじめに(自己紹介)


田口尚幸(尚之)

平成10年5月より、研究室のサイト「愛知教育大学田口研究室」を開設しています。よろしくお願い申しあげます。

私は、昭和39年3月生まれ。 筆名の田口尚幸でとおっていますが、本名は田口尚之です。 ともにヒサユキと読みます。 高校まで出身地の岐阜県土岐市ですごし、上京。慶応義塾大学卒業、同大学院修士課程修了の後、河合塾非常勤講師、高校専任教諭を経て、平成4年4月から愛知教育大学に勤め、 現在、国語教育講座教授。 学部・大学院で上代・中古の国文学を担当。 学部で万葉集(山部赤人)・伊勢物語・蜻蛉日記、大学院で伊勢物語をあつかっており、 ほかに、箏曲地歌歌詞や小学校物語教材の講義、卒論指導なども担当しています。 家族は、妻と息子。3人で暮らしています。

私の主な研究対象は、大学院生の頃から現在まで一貫して伊勢物語です。 三段階成立論を多角的に検討・批判し、成立論的読みに代わるべきものとして、「相補論」=「つなぎ読み」を提唱。 最近では、第二相補論・第三相補論に当たる「可変論」にとり組んでいます 。そうした研究や伊勢物語以外の研究については、「研究の概略と業績一覧」をご覧ください。

「相補論」に関する
単著専門書としては、 『伊勢物語相補論』があります。 やはり、概略や「閲覧方法」について説明しており、「正誤表」もあります。

一般向けの
単著入門書としては、『伊勢物語入門』があります。概略や正誤表、「閲覧方法」について説明しています。「相補論」を平易に「つなぎ読み」と言い換え、その理論と実践について、学生向けに書きました。

伊勢物語関係で最もとっつきやすい本としては、
単著なぞり書き本『読めて書ける伊勢物語』があります(正誤表あり)。「つなぎ読み」を展開した上記入門書をさらにわかりやすくし、45首の恋歌を書けるようにした本です。

また、上記3冊の持論を特選し、対話形式の講義風に書き改めて平易に解説した、
無料公開「伊勢物語対話講義」もあります。全17回の読みものです。

インターネット博覧会連載「伊勢物語で遊ぼう」は、博覧会で講談社が運営していたサイト「デジタル王朝文学館」から移し、後に全面改訂を行ないました。インターネット世代向けに1-37段までの「つなぎ読み」を示した、全16回の読みものです。速読&プリントアウト用に「ダイジェスト版」も用意し、こちらも全面改訂してあります。

伊勢物語以外の研究対象としては山部赤人があり、
単著専門書『万葉赤人歌の表現方法』を刊行しました(正誤表あり)。

月刊誌「邦楽ジャーナル」で好評だった箏曲地歌歌詞の解説と訳は、連載40曲の補訂版に書き下ろし10曲を加え、
単著注釈書として刊行しました。『箏曲地歌五十選』。邦楽関係者・愛好家の方は、読んでみてください。もう所持されている方は、正誤表をご覧ください。

そして、無料公開
「地歌動画講義」もあり、姉妹編の無料公開「伊勢物語全段動画講義」および無料公開「山部赤人動画講義」もあります。

学外における啓蒙については、「一般向け活動」に、講師、監修、テレビ・ラジオ出演新聞記事の一覧があります。

受験生向けには、教育人会議インタビュー「『古典文学なんて退屈』と決めつけないで!」 「『夢ナビ』で出会った、憧れの先生の研究室へ」や、
学問発見プログラム夢ナビ講義「山部赤人はなぜ歌聖か」「作者の周到な計算を知ればさらに楽しい『ごんぎつね』」もあります。夢ナビTALK(5分動画)「前頭葉直撃の古典文学〜歌聖赤人の吉野讃歌」 LIVE(21分動画)「山部赤人はなぜ歌聖か」&アンケート結果 は平易で面白い動画講義ですので、ぜひご覧ください。

愛知教育大学近くの伊勢物語旧跡も紹介しています。 写真を中心とした簡単な案内「三河八橋の伊勢物語旧跡案内」です。

国文学関係中心の「リンク集」も、オマケ程度につくってあります。



田口研トップに戻る

★記事・画像等の無断転用は禁じます。